1月 12

東京観光にぜひとも加えたい

楽しさ満載の東京観光

東京は見るところがたくさんあり、何度訪れても刺激的で飽きることのない楽しい街です。
そんな街で楽しい経験をしたのであれば、自分にとって大事な人を連れていき、同じように楽しませてあげたいと思うのではないでしょうか。
とはいえ、歳を取った親を連れていくとなると、なかなか歩いて観光スポットまで行くというのは大変です。

タクシーをチャーターするという手もありますが、もっと風情ある楽しみ方としておすすめなのが、屋形船に乗ることです。

二人からでもOK

屋形船というと、夜になってから宴会のために、しかも貸し切りで出船するというイメージがありますが、昼間からでも乗船できる船会社がたくさんあります。

乗船場へは、乗り合いの屋形船が出る時間までに間に合うように着いておき、手続きをして待ちます。
二人から乗れる乗り合いの屋形船は、毎日出船するわけではないところもありますので、事前に出船の日程を調べ、さらに予約をしておくと安心です。
友達やカップル、家族など、気心の知れた人たちと料理を楽しみながら、船に乗ることができます。

人気の船のタイプは二つ

乗合船は家族を観光に連れていきたいという人の利用も多いので、楽に座れるように座席が工夫された船が人気です。

もともとは畳の座敷だったものを、掘りごたつに変え、情緒あふれる雰囲気はそのままに、立ち座りが楽になりました。
また、畳にテーブルと椅子を置いた船もありますので、目線が高くなり、窓の外の風景が見やすいという利点もあります。
どちらもテーブルは4人が定員になるように区切られていますので、ずらりと並んで、座ったが最後、なかなか立てなくなるといった不安は全くありません。

これは、少人数で利用する人にとっては、非常にうれしい作りであり、配慮だと言えるでしょう。

混雑しているときであれば、もしかすると二人で申し込んだ人同士は相席になる可能性もあることから、できればひとつのテーブルを独占できるよう、3~4人で申し込んでおくと安心です。

船内設備も充実

歳を取った親を連れての観光目的の乗船となると、トイレもできれば座ってできる方がいいのですが、昨今の屋形船はそのあたりもきちんと配慮しています。
船内には洋式の温水洗浄便座が取り付けられていますので、歳を取った人も女性も安心して、利用することができます。
さらに、船内はエアコンが完備されていますので、夏は涼しく、冬は暖かくなっています。
寒い風に吹かれながら料理を食べることになり、しょっちゅうトイレに行きたくなるというようなことはありませんので、その点も安心です。

食事が終われば、寒さ対策をしっかりして展望デッキに出てみるのもいいでしょう。

船から見る東京の景色は、陸から見るのとはまた違った風情あるものに映ります。
見渡す限りの大都会を360度見渡せるパノラマビューで体験できるのですから、せっかく乗船した以上、展望デッキにも出ておきたいものです。

おいしい料理も楽しみ

船内の設備は充実し、デッキからの眺めも素晴らしい、でも一番の目的はおいしい料理という人も多いでしょう。
船の中で提供される料理は、海の幸が満載の和食がメインになっていますので、和食でないと食べられないという高齢の方や、あるいは外国の方にも好評です。
旬の素材を使って提供されるため、定期的にメニューが変わることから、四季折々に東京を訪れるたびに乗船してみるというのも面白いでしょう。

当然のことながら、船から見える景色も違って見えますので、料理と風景の違いを堪能しつつ、楽しい時間を海の上でゆったりと過ごすことができます。
長く歩くのが大変になった両親の親孝行には、船に揺られながらの東京観光は大いに喜ばれることでしょう。


Posted 2018年1月12日 by author in category 屋形船の楽しみ方